えんきんを摂り過ぎると身体に良くない?

人々から絶大な支持を誇る「えんきん」ですが、身体に悪い影響を及ぼしたり、そもそも飲まないほうがいいという人はいるのでしょうか?

 

ファンケルの製品には余計なものは一切入っていないことで知られていますし、一応「食品」という扱いになっているので、人体に悪影響が出ることはまずないと言えるでしょう。

 

ですが、使わないほうがいいとされる人はいます。

 

成分に大豆が含まれているので「アレルギーがある」「妊娠している」「授乳を行っている」「未成年」のいずれかに当てはまる場合は服用しないほうが良いとのことです。これはファンケルのホームページにも載っています。

 

そもそも製品を作る際に、初めから上記の人達は対象に入れていないそうです。

 

摂り過ぎには気を付けて

 

いくらアレルギーがなかったとしても、やはり必要以上に摂るのは避けましょう。

 

飲んだ分だけ効果が現れるわけではないため、1日に摂るべき量と正しい使い方はきちんと守ったほうが身体にもいいですよ。ちなみに目安は1日2粒です。

 

他の薬を飲んでいるなら、まずは医師との相談を

 

病気などで何かしらの薬を飲んでいるなら、まずは医師や薬剤師など専門職の方に、サプリを摂っていいかどうかを尋ねるといいですよ。

 

飲み合わせが悪いと、身体に異常が起こるかもしれません。滅多にないことですが、万が一ということもあります。

 

念には念を入れて、あらかじめ大丈夫かどうかを確かめておきましょう。

 

まとめ

 

副作用に関しては以上になります。

 

ご自分の体質や、摂る量については十分注意して下さい。

 

ですが使い方を守れば問題が出ることはまずないので、そこまで気にする必要はありません。

 

どうしても気になることがあれば、医師や薬剤師に訊きましょう。

 

えんきんを使う人はどんな人?

口コミなどでは、目の調子がおかしいと感じている中高年の方が中心になっていますが、今はスマホやPCなどの情報端末が発達している世の中です。

 

これらを使うことが多い、20〜30代の方のほうが目の異常を訴えてもおかしくありません。

 

端末から出ているブルーライトが目に良くないとも言われています。

 

スマホやPCを長時間見ないようにしたり、こまめに遠くを眺めて目を休めたり、栄養補助剤や食品でサポートするなど、少しずつ対策を取っていくことをおすすめします。

 

えんきんに含まれている栄養素はまさにぴったりで、臨床実験でもピントが合いやすくなったという結果が出ています。さらに目だけではなく首や肩の疲れも和らいだという報告もあります。

 

今の世を生きる人達にとって、欠かせないサプリと言っても過言ではないかもしれません。